インボイス制度 役員研修会(実務編)

インボイス制度にどう向き合い、どう乗り越えるか

さる12月22日松阪市の専門家派遣制度(前川 浩一税理士・税理士法人トータルサポート)を活用し、インボイス制度の研修会を役員(理事・監事)で実施しました。

・・・・・・・

令和5年10月より施行されるインボイス制度(消費税の適格請求書等保存方式)、除外特例措置に向け草の根運動を展開してまいりましたが、実現困難となりました。

この制度によりセンター事務所として請負会員さんが免税事業者であるかぎり配分金に含まれる消費税の仕入れ税額控除が出来なくなりシルバー事業の将来が危惧されます。

私たち松阪市シルバー人材センター理事会(監事含む)として、インボイス制度の概要理解、中期的な視点での対応策など政策論議に着手しております。

今年度はその一環として、松阪市専門家派遣制度(前川 浩一税理士・税理士法人トータルサポート)を活用し、インボイス制度の研修会を役員レベルで実施しております。

さる12月22日(木)第2回目を実施し、選択肢(一例として)の一つとして考えられる会員さんご自身によるインボイス制度登録、消費税確定申告書作成の実務研修を開催しました。パソコンを活用しe-Tax申請、それぞれの操作における活発な質疑がなされました。

全シ協・三重県シルバー連合会の対応策にも期待をしておりますが、しっかり現状を把握し、未来に向けた松阪市シルバー人材センターづくりに邁進していきます。

対応策の実施にあたっては、会員さんに適宜お諮りをし進めてまいります。

 

お知らせ関連記事

働くことを通じて、高齢者の
生きがいと
健康づくりに貢献します

お問い合わせ

お電話受付時間月~金曜日(土日祝祭日、年末年始を除く)8時 30分 ~ 17時 00分

松阪市シルバー人材センター:電話でお問い合わせ

WEBフォームはこちらから