絵手紙同好会『楽描会』~6月11日の活動~

令和4年6月11日の活動を紹介します。

『楽描会』(らくがきかい)は月に1度集まり、季節に合わせて絵手紙を描いています。



会員Hさん
ピーマンの手話は握りこぶしを2つ合わせて表現します。おもしろいな~と思って題材にしました。
もう1つの花の絵は、自然の中で風に揺れるような繊細な美しさに惹かれ描きました。


会員Yさん
紫陽花を2つ描きました。知人からもらった水色の紫陽花を庭に植え、初めて咲いたので嬉しくて絵にしてみました。

「絵手紙を描くのが楽しい!絵が下手でも話をしながら皆さんに励ましてもらって取り組んでいます。」と会員Tさん。
代表Bさんは「下手なのが良い。味が出る。自由でいい!」と言います。

平成19年に発足した『楽描会』。これからも時節に合った素敵な作品をたくさん描いていきたいです・・・。

絵手紙に興味のある方!ぜひ一緒に作品を描いてみませんか?お待ちしています!!

 

互助会(鈴の音会)関連記事

働くことを通じて、高齢者の
生きがいと
健康づくりに貢献します

お問い合わせ

お電話受付時間月~金曜日(土日祝祭日、年末年始を除く)8時 30分 ~ 17時 00分

松阪市シルバー人材センター:電話でお問い合わせ

WEBフォームはこちらから