銀幕の向こうに見た生涯現役

銀幕の向こうに見た生涯現役

映画<プラン75>で主演(角谷ミチ78歳)を演じる賠償千恵子さん81歳。

あらすじは、世界に類を見ない超高齢化日本で生死の選択を国民に与える制度<プラン75>が国会で可決・施行となった。物議を醸してスタートした制度だったが、世間はすっかり受け入れムードに。

<プラン75>の利用申請を済ませた角谷ミチ(倍賞千恵子)の孤独な終末と、この制度にたずさわる若者たちの心の変化にフォーカスし命の尊さを静かに強く訴える作品です。

 

「フーテンの寅さん」の妹(さくら)役で見た家族愛に満ちあふれた倍賞千恵子さんとは真逆な役づくりですが、さすがプロフェッショナル。

監督・脚本の早川千絵さんは「凛とした美しさや人間としての魅力を備えた方」と、演技を絶賛。

 

この映画を通じ、銀幕の向こうの倍賞千恵子さんに生涯現役を垣間見ることが出来ました。

作品の感想は控えておきます。ぜひ劇場へ。

 

                                                                  N・O・R・O

 

 

 

 

ブログ関連記事

働くことを通じて、高齢者の
生きがいと
健康づくりに貢献します

お問い合わせ

お電話受付時間月~金曜日(土日祝祭日、年末年始を除く)8時 30分 ~ 17時 00分

松阪市シルバー人材センター:電話でお問い合わせ

WEBフォームはこちらから